結婚をするため自己所有のマンションを貸すことに決めました

賃貸にして部屋代をローンに充てられてよかった

マイホームに住むのが夢だった : 念願のマイホームを手に入れたが結婚で引っ越すことに : 賃貸にして部屋代をローンに充てられてよかった : マンションを貸すことをすすめられたので検討中です

貸し出すようにするとわかったことは、私たちにもメリットの大きいことです。
不動産会社の担当者の説明では、仕事の都合で地方に転勤している機関だけを貸し出すようにすればよいのではという説明でした。
この話を聞くまでに考えていたことは、マンション貸すと戻ってくる時に不都合が起こるのではということです。
またこの場所に戻って来るとしても、借りた人が部屋を明け渡してくれないと間違った考え方をしていました。
マイホームを貸す方法はいくつかあり、リロケーションや定期借家などがあります。
定期借家と呼ばれている方法で貸すようにすれば、仕事の転勤機関が終了する期日に合わせて契約をすることが可能です。
同じ場所に戻って来る時に、家を探す手間などがなくとてもメリットが大きいと感じました。
定期借家で希望者を募集すると、担当者の説明通り希望者が現れたのは驚きです。
売却ではなく賃貸物件として貸すようにしましたが、毎月入る部屋代をローンの支払いに使うことができるのでよかった感じています。